鈴慕 reibo = 霊慕 ryobo

鈴慕reibo=霊慕ryobo2尺9寸の地無し延べ管尺八jinashi nobekan shakuhachi2.9(下は比較comparisonのため、一般generalの1尺8寸地有り中継管尺八)古典三曲koten sankyokuを三虚”鈴”sankyo”rei”もしくは三虚”霊”と称される。この鈴慕もしくは霊慕ともいわれる「鈴suzu」は古くは「鐸taku」であり、銅鐸doutakuや鉄鐸があり、また鉄鐸はサナギsanagiともいわれる。古代語ancient languageではサナギは魂soulを振るための呪力spellをもった楽器instrument、霊的spiritualな力をもった楽器。いわゆる「鈴」と「霊」は同義語synonymである。尺八も江戸時代the edo periodには「虚鐸kyotaku」が普化尺八fuke shakuhachiの異名nicknameとされた。(1795・寛政7年に著された「虚鐸伝記国字解」kyotakudenkikokujikai)一管の竹bambooを”認識congnition”の「器うつわcontainer」ととらえ、”吹く行為suizen act”を“認識の至上supreme”の「方法way」とされる古典尺八jinashi nobekan shakuhachiは、仏教buddhismでいうところの「法(真理)truth」を表現expressionする道具instrumentに竹を使うことから、法竹Hocchiku or Hotchiku とも称される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *